2018年01月15日

ドッグフードの給餌回数を2回に減らしました。

食わせすぎだろうか??


昨日、生後145日を迎えた息子(ゴールデンドゥードル)。

IMG_7968.jpg

相変わらず「お座り」の姿勢はやたらといい。

IMG_7197.jpg
↑2カ月前。

体重は18.9㎏になった。
先週から1.6kgアップ。
年末からのシャンプーショックの下痢が治って、
再び順調に成長している。

同時に活動量も日に日に増えて、
1日2回15分の散歩ではエネルギーが暴発してしまいそうなご様子。

FullSizeR (2).jpg

FullSizeR (1).jpg

父ちゃん、母ちゃんの行くところなら、
どこでもついてきてしまう。

FullSizeR.jpg

ブリーダーからは
「生後8カ月くらいまでは関節が弱いからハードな運動はさせないでください」
と言われている。

だから登山には連れて行っていないが、
(そもそもクルマ酔いで無理だけど)
この防波堤登りは大丈夫なのだろうか。

そんな育ちざかりの息子は、
結構飯を食う。

生後2カ月半(体重7.6㎏)で我が家に来たときは、
ニュートロ ナチュラルチョイス
(ワケあって成犬用)
を1日3回100gずつで合計300gをあげていた。
(その後すぐに360gに増量)




それが体重13㎏を超えたあたりで、
ナチュラルハーベストを240g、
アカナを240gの
合計480g
を3回に分けてあげるようにした。







だが、年が明けて仕事が本格始動すると、
1日3回、特にバタバタする朝の給餌が困難になってきた。

また、もともと「大きくなったら食事は1日2回」と決めていたので、
事前にブリーダーに相談したところ、
「1日480㎏食べられるようになったら2回にしてもいいですよ。
大体生後5か月(1月下旬)を過ぎたあたりですね」
とのこと。

480㎏??



🐶🐶🐶🐶🐶




すでに与えている量ではないか

ならば、
ということで連休明けの1月9日より
昼・夜の1日2回給餌に変更した。

量は
ナチュラルハーベスト:160g
アカナ:400g
合計:560g

これに
煮野菜、
ヤギミルク、
ビオフェルミン1つ、
をトッピング。

息子はこの量を毎回完食する。
(性格上、かなりゆっくりだが)

ちなみにアカナの製造元が推奨する1日の給餌量は、
成犬時40kgの犬が20kgのときに400g。

IMG_7949.jpg



息子はそいつにプラスしてナチュラルハーベストを160g食べていることになる。

食いすぎ??

でも、
「父ちゃん、オレもっと食いてー!」
とやたらと背筋を伸ばしてお座りをする息子。

IMG_7968.jpg

そいつに
「父ちゃんはデブが嫌いだ!」
と言い返せるワケがない。

なにより今のところ肥満で走れない、
といったことはないし、
下痢もしていない。
だから、どんどん食べさせようと思う。

FullSizeR (3).jpg


posted by ZENTA at 12:24| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

やっと乳歯が抜け始めました。

いよいよ大人の階段を……。



1月7日時点で生後138日になった息子。


IMG_7974.jpg


頼んでないのにやたらとする「お手」のスピードは、
ますます速くなっている。

生後約4カ月半で体重は17.3㎏だった。
これまで順調に1週間ごとに1.2~1.5㎏増えていたのに今回は600g。

年末にシャンプーをしたらそれがショックだったようで、
1週間ずっと下痢をした。
そのせいだろう。

そんな小心者の息子の乳歯が抜け始めた。


IMG_7953.jpg


これで3~4本目だと思う。

「どれどれ」と口の中をのぞくと、
右の奥歯だった。


IMG_7961.jpg


成長しているのはうれしい。
だが、大人になって丸い身体がゴツくなるのは、
なんだかさびしい。

最近リードを引っ張るようになったし、
ダッシュすると私より速いし、
もうすぐ反抗期になっちゃうんだろうなぁ。

ラベル:乳歯
posted by ZENTA at 09:56| Comment(0) | 乳歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

千葉県八街市の「ドギーズアイランド」へ行ってきました。

広い! けど高い! でも看板犬がgood!


我が息子(ゴールデンドゥードル)は、
ドッグランに通うことでかなり社交的になった。

IMG_7772.JPG

年が明けてからは、
・木更津のアウトレット
・嫁の実家
・幕張のアウトレット
などに連れて行ったが、
誰に対しても、
どの犬に対しても、
尻込みをすることはなくなった。

しかし、不満な点がある。
それは、
どこに行っても大型犬と会えない
ことだ

年末まで通ったイオン幕張新都心店のドッグランは、
ご近所で行きやすいうえに無料。
大変ありがたいが、
とにかく大型犬に会うことがない。

まだ、息子の体重は約17㎏だが、
それでも最大クラス。

相手をしてくれるワンコは、
みんな5㎏以下なので思い切り遊べないようだ。

数年前だがバーニーズ仲間と代々木公園のドッグランに行ったことがある。
そのときはバーニーズはもちろん、
ボルゾイ、
ニューファンドランド、
グレートデン
そして、
イングリッシュマスチフ(子犬でかわいかった)
までいてウットリしたものだ

そんな話をイオンで知り合った方にすると、
「八街のドギーズアイランドに行ってみれば?」
と言われた。

なんでも
すっごく広くて
とってもきれいで
大変ステキ
なドッグランらしい。

少々料金がお高いのがたまにキズだが、
大型犬の遭遇率は高いとのこと。

しかも、
自然に囲まれたお散歩コース
ワンコと入れるレストラン
も完備しているので、
一日いても飽きないらしい。

ならば!
と1月2日に行ってきた。

ドギーズアイランドは、
もともとゴルフ場だった敷地の一部に手を入れて開発した施設。
なので入り口から広々。

2.jpg

こちら↓で受付。
1.jpg

料金は
平日
大人:800円
ワンコ:600円

土日祝
大人:1000円
ワンコ:800円

大人!?
そうです。
人間様にも入場料がかかるのです。

これは覚悟のうえだったので、
淡々と登録用紙を記入して提出した。

そして、
スタッフ
「ワクチンの証明書をお願いします」

「はい、どうぞ」

スタッフ
「狂犬病の証明書をお願いします」

「!!!」

スタッフ
「???」

「まだ、4か月なので受けてないんですけど……」

スタッフ
「申し訳ありませんが、それではドッグランのご利用はできません。
お散歩コースならば大丈夫ですがいががいたしますか?
ワンちゃんは無料で、
飼い主様はお一人300円になります」

完全に想定外。
1時間(下道)かけて、
息子はクルマ酔いを我慢して来たのに……。

だが、ルールなら仕方がない。
あきらめてお散歩コースを楽しむことにした。

コースは下の図の赤い線の部分。図の右側もつながっていて1周1.2kmだ。
8.jpg

3.jpg

ここからスタート。
6.jpg

すぐに気持ちのいい森の中へ。
7.jpg

様々な樹木が植えられているので、
四季を問わず楽しめそう。
特に紅葉の時期が良さそうだ。

話に聞いた通りゴルフ場の中を歩く。
9.jpg

約30分の道のりだった。
これだけで来る気にはならないが、
なかなか気持ちの良いコースだった。

ちょっぴり運動してお腹が空いたので、
敷地内のレストランへ。

レストランは、
ベーカリー、洋食、長崎ちゃんぽん
があった。

この日は寒い&がっつり食べたかったので洋食屋へ。
10.jpg

料金を確認すると、こちらも高い。
ナポリタンが1200円(サラダ付き)。

しかもワンコ連れはテラスまでしか入れないという。

しかし、入ってみて安心。
テラスといってもガラス張り&エアコン完備で、
上着を脱いでもまったく寒くなかった。

11.jpg

テーブルの足元にはリードフックがあるので、
動き回るワンコでも大丈夫。
息子はぬいぐるみのように動かなかったけど。

12.jpg

オーダーしたのは、
私:ドリア(1350円)
嫁:カレー(1400円)

食べるまで
「どうなのよ、このお値段」
と思ったけど、
かなり美味しい。
幕張や浦安のホテルクラス。

接客もかなり丁寧でホテル並みなので、
まぁ~いいか、
という感じでした。

食べ終わって外に出ると、
想定外の餅つき大会が。
数量限定の配布があり、
運よく最後の順番でいただきました。

13.jpg

さて、肝心のドッグランは?
ということで大型犬エリアを見に行った。
すると……。


👀



👀



👀



👀



🐶




4.jpg


全然大きな犬がいない。
それ以前に犬が少ない

施設のエントランス周辺は賑わっているので、
やはり寒すぎるのだろう。

と、いうことは、

お金を払ってドッグランに入らなくて良かった!

ちなみに各ドッグランエリアには、
プールというか人工の小川のような水場があった。
5.jpg

水もきれい。
これは夏は楽しいに違いない。

かなり納得して家へ帰ろうとすると、
エントランス付近で息子をガン見するヤツ(ゴールデン)が出現した。

14.jpg


なんだ、なんだ?
ケンカを売っているのか!?




でも、息子はまだ生後4か月。
ケンカなんかできないぜ。

そう心配した瞬間、
敵は突然ひっくり返った。

15.jpg

不戦勝?

呆然とする息子。
しかし、次の瞬間、息子の目が光った

「コイツならボクちゃんでも勝てる!」

16.jpg

すかさず

フライングボディーアターック!

その後も攻撃の手を緩めない。


「やばい! 相手の飼い主に怒られるかも!?」
とリードを引っ張るが息子のテンションは

マーーックス


17.jpg

するとゴールデンも反撃開始!

18.jpg

ッカーーン!

と張り手を返してきた。

もうそこからは

漢と漢の勝負。

オヤジとしては見守るしかない……。

「漢なら勝つまで我が家の敷居はまたがせねぇ!」
このまま戦いは20分続いた。

19.jpg


というのはウソ

この子はドギーズアイランドの看板犬で、
生後7か月のゴールデンレトリバー「ココちゃん」(オス)だった。
なので息子と多少激しく遊んでも大丈夫。

それにしてもさすが看板犬。
愛想がいいうえに、まったく攻撃的なところがない。

4か月の息子に終始この態度だった。
20.jpg




やっぱり大型犬は大型犬と遊ぶのが一番楽しそうだ。
ドッグランには入れなかったが、
この子に会えただけでも価値があった。

ドギーズアイランドは、
夏は水場があるドッグランで遊び、
春・秋・冬
はお散歩コース&その場で出会ったワンコとの交流、
という利用方法もいいかもしれない。

狂犬病の注射を打ったらまた来ます。
でも、そのころはカヌーの季節なんだよなぁ。

ラベル:ドッグラン
posted by ZENTA at 20:58| Comment(0) | ドッグラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●