2018年07月17日

犬とカヌー「やっと川へ飛び込むことができました」大井川(静岡県)

母親とは一緒に泳ぐのに……。
水位:神座-123㎝

7月14日は静岡県の大井川を下った。
ここのコースは5.3kmあるにもかかわらず「C」の字を二つつなげたような形なので、
ゴールした後に自転車でクルマを取りに行く道のりがわずか1km(6分)。
しかも水がきれいで「大井川ブルー」と呼ばれているとかないとか。
とにかく大変お気に入りのコースだ。

しかし、ネックもある。
いつも水量が少ないのだ。
だいたいは200m漕いで50m歩くといった繰り返し。

ところが今回は大雨の後でいつもより60㎝ほど水位が高かった。
「これは期待できる!」
と河原に降りたところ水量はあるものの水はコーヒー牛乳色。
残念だが歩くよりは良しとしよう。
それに今季初の気温30度オーバーのダウンリバーだ。
出発!

IMG_1536.jpg

川の流れは早歩き程度で爽快。
一生懸命漕がなくても盛夏のまぶしい緑が目の前を駆け抜けていく。

「気持ちいい~!」
と目を細め息子(ゴールデンドゥードル)に同意を求めると……?

相変わらず後ろ向きの乗船


「やっぱり慣れないものなのか??」

しかし、息子には悪いが我々は楽しまないわけにはいかない。
早速嫁が川へ飛び込みライフジャケットの浮力を活かして流れて行った。
夏の川下りはカヌーいらず。
このように身一つで流れるのが最高に心地いいのだ。

キャッキャ騒いで流れる嫁。
見つめる息子。
すると突然行動に出た。

IMG_1596.jpg

嫁めがけて飛び込んだのだ

レトリバーの血を引き継いでいるくせに水があまり好きではない息子。
でも、嫁がおぼれていると勘違いして助けに向かった模様。

IMG_1597.jpg

親子愛に感動しつつも、
「ぽつん」
とカヌーに残された私。
結局嫁と息子は200mほどの「ぷかぷか」遊びを楽しんだ。

だが至福の時間は長くはなかった。
嫁がカヌーに上がると、
力尽きた息子は
「どんぶらこっこ」
と単独で流されてしまったのだ。

IMG_1525.jpg

あっという間に7~80m離れる息子。
しかし、我々は焦らない。
この先に危険なカ所がないことを知っているし、
ライフジャケットを着ているので溺れることもないからだ。

流れが緩いところに来れば追いつく。
または自力で岸に泳ぐことができれば泳力のアップにもつながる。
最終的に息子は200mほど流されて岸に泳ぎついた。

そんな感じで代わりばんこに川に流され約1時間10分でゴール。


IMG_1603.jpg

やはり水量が多いので、いつもより30分くらい早く着いた。

それからは支流を遡ってキャンプ地へ。
IMG_1565.jpg

だーれもいない穴場だが、
潜っても魚がいないところがネックだった。

そこで翌朝は6時に起きて富士川の支流へ。

IMG_1599.jpg

IMG_1598.jpg

ここはとにかく水がきれい。
しかも流れが緩やかなので息子の水泳教室にはぴったりだった。
水に浮くおもちゃを投げると、おどおどしながらも取りに入った。
本当は「ジャブン!」と飛び込んでほしいが慣れないうちは仕方ない。

IMG_1600.jpg

IMG_1589.jpg

ところがだ。
水泳教室の先生に飽きた嫁がシュノーケルを付けて泳ぎ始めると、
息子はまたしても嫁めがけて「ジャブン!」と飛び込んだ。

IMG_1601.jpg

しかも2人並んでしばらく泳いでいる。

再び一人残される私。
カヌーから飛び込むのも、
川で泳ぐのも私の方が多いのに、
なぜ息子はそれに反応しないのか……?

今季初の夏を噛み締めつつ、
ちょっぴり切なさを覚えた。
ラベル:大井川
posted by ZENTA at 10:34| Comment(0) | 犬とカヌー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

3000円のトリミングばさみで足としっぽをモフモフにカット!

課題は村山元首相のまゆ毛!?

先週末は再び渡良瀬川を下った。

IMG_1411.jpg

6月に入るとどこの川も鮎釣り師であふれるはずなので、
どうしようかと渡良瀬川河川事務所のライブカメラを確認した。

すると毎日ぜんぜん鮎釣り師がいない。
それどころか川の周辺に人が見当たらない。

これってチャンス??

ということで前回から15kmほど下流の足利駅近くから4kmほど漕いだ。
こちらは前回と違ってかなりのんびりコース。
瀞場ばかりなので相方と代わりばんこに川の中に入って流された。
息子(ゴールデンドゥードルの泰楽)を川へ誘うと、
かなり迷ったすえに飛び込んだ。

IMG_1408.jpg

いつもは半分おぼれたように前足を高く上げて、
バシャバシャ水しぶきをあげるのだが、
今回はスイスイだ。


父ちゃんは息子の成長に目頭が熱くなったよ💧

さて、帰宅後は1ヵ月半ぶりのトリミングだ。
前回は足としっぽの毛が伸び切っておらず、
理想のモフモフっぷりを実現できなかったが、
今回は十分に伸びていた。

やり方としては以下になる。

1.シャンプー
2.ブロアーで乾かす
3.スリッカーブラシで毛玉を取りりつつ毛並みを整える。
4.8㎜のバリカンで胴体をカット
5.トリミングばさみで足としっぽを整える
6.1㎜のバリカンで足の裏とおなかとお尻まわりをカット

スリッカーブラシに関しては、ブリーダーからカットをする際には必ず必要だ、と言われていた。
これがないと毛並みが揃わないので虎刈りになってしまうというのだ。
このブラシは、いろいろなメーカーから出ているが、
評価が高く定番とも言われているので岡野製作所製にした。



使用感はバッチリ。
毛玉はほぐれるし、毛並みも整う。
これよりも毛玉が取れるファーミネーターというのも持っているが、
それは強力すぎて痛いようで泰楽が嫌がってしまう。

そしてトリミングばさみ。
最初は家にある普通のはさみでやろうと思ったが、
バリカンを買ったお店に相談すると、こうアドバイスしてくれた。

「家のはさみは刃の奥で切ります。
しかし、トリミング用のはさみは刃先で切ります。
美容師は刃先で髪を切りますよね。
その方が切るスピードがぜんぜん速くなりますし、
細かい調整もしやすくなります」

なるほど、ということでそのお店ではさみを買おうとしたら1本1万円以上。
ということは最低でもカットするものとすくものが欲しいので合計2万円。
高すぎて無理!

そこで楽天で安いのを探した。
ところがあまり品数がない。
ヤフーショッピングも同じような感じ……。

仕方なく楽天ポイントもTポイントも使えないアマゾンで検索してみた。
すると安いはさみがじゃんじゃん出てきた。
しかも3000円以下ですきばさみどころか、
櫛や頭の形状に合わせて刃が曲線を描いているはさみまで5~6本セットになったものも多い。

「いったい何がどう違うんだ??」

レビューの評価点を見まくった。
しかし、どれも4点強で悪くない……。

ますます迷ってしまったので、
4点ほど絞り込んでから評価1の意見を比べることにした。
4点・5点はいいことばかり書いてあるので違いが見出せないからだ。

それでもほとんど違いがなかったが、
比較的
・不良品が少なそう
・切れ味が落ちなそう
ということで以下のトリミングばさみセットにした。



買ったときは3000円だったのに今見たら2750円に値下げしてる👀

さて、実は1カ月半前もこのさはみは使っていて問題なかった。
はさみ担当は嫁だが刃先でサクサク切れる。
切れすぎて息子も嫁もケガをしないか心配するくらいだ。

さて、毛が伸びた息子のカットの問題は、
8㎜バリカンで切ったところと、
モフモフに残したい足としっぽの境目をいかに自然にするか。

ではどうなったでしょう??

まずはビフォー↓

IMG_1465.jpg
頭がボンバー……。

足としっぽは、ほとんど切らずに、
胴体だけすっきりさせたい。

そしてアフターはこちら↓
IMG_1467.jpg

IMG_1466.jpg

個人的に境目は分からない。
これでよし!

と思ったが目が気になる……。

村山元首相のように伸びたまゆ毛が、
目を隠して「めぞん一刻の惣一朗さん」になってしまうのだ。

嫁は
「もっと伸びれば目の外側に回って流れるようになる。
しばらく放っておこう!」
と言うがどうなんだろ。

posted by ZENTA at 09:19| Comment(2) | トリミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

犬とカヌー!「急流続きでビールを飲む時間がない!」渡良瀬川(群馬県)

激流に飛ばされて息子の泳力はぐんぐん上昇中!?
水位:高津戸-35㎝

6月9日に渡良瀬川を下ってきた。
コースは上毛電鉄の鉄橋下から約4.5km下流の駐車場まで。

スタート地点まで100mほどカヌーを担いでやぶ漕ぎしなければならない。
おかげ様でまたもやマダニに噛まれてしまった(今年2回目)……。

1.jpg

森高千里の歌でも有名な渡良瀬川だが、
実際にはあの歌詞のようにのんびりしていない。
上流は岩ばかりで下れないし、
下流は水があまりきれいではない。

その間のやっと見つけた自然に囲まれた美しいコースだが、
ここも基本的には1~2級の瀬が続く忙しい流れだ。

息子の泰楽(ゴールデンドゥードル)は、そろそろカヌーに慣れた模様。
時々前を向けるようになった。

3.jpg

2.jpg

ところが調子に乗っていると、
すかさず激流が。

9.jpg

8.jpg

すっ飛ばされて嫁と一緒に200mほど流されていった……💦

しかも、当日は水量が足りずに歩くこともしばしば。
水位は-35㎝(高津戸)。
前回より1㎝高いはずなのに歩く回数は多い。
やはり川の地形は変わりやすいのか?

そんな感じなのでこのコース最大の難所は私ひとりで下ることになった。

4.jpg

ここは長さ10mくらいの滝(?)で、
2段に分かれた3mほどの落ち込みだ。

いったんカヌーから降りてスカウティング(偵察)した瞬間は、
「怖い! 無理!」
と感じたが、最終的には直線の流れなので落ちたとしても大したケガはしないと判断。

とにかく大きな岩にぶつからないように突っ込んでみた。

5.jpg

6.jpg

7.jpg

漕ぎ出したときは心臓バクバク
だが、やってみると結構あっさりクリア。
「まっすぐ&障害物なし」ならば意外に無理できるのかも。

すっかり上機嫌になって、
スタートして1時間半後にやっとビールを味わった。

10.jpg

息子も意外に口にする。

川下りの後は支流の桐生川へ移動して清流で遊ぶ。

14.jpg

15.jpg
イワナとヤマメの混血の川サバ?

この川に潜ると12㎝以下のチビヤマメ・イワナが群れていた。
また、水深3m近い滝つぼもあり、
天然のウォータースライダーや飛び込みも楽しめる。

11.jpg

12.jpg

13.jpg

大人が思いっきり遊んだ後は、
息子の水泳教室。

16.jpg

DSC01596.jpg

ボールを投げたら流石に半分レトリバーだけあって、
すぐに川へ飛び込んでくわえて戻ってきた。

「もしかして川好き?」
「泰楽の意味は”大河”。やはり名は体を表す!?」

とちょっぴりワクワクしたが、
5回ボールを投げたら自主的に休憩に入ってしまった

IMG_1300.jpg

夕飯はキャンプ歴25年ではじめてのホットサンド。

18.jpg

具はトマト、ピーマン、ハンバーグ、とろけるチーズ。
バリにサーフトリップする際は毎朝ロスメンで選択の自由なく食べていたので、
それほど興味がなかったが、
やってみると「簡単!」「うまい!」

しかも具の選択肢は無限大なので、
試してみるのが楽しい。
翌朝はバナナ、きな粉、とろけるチーズにしたがこちらもうまかった。

そして赤ワインでいい気持ちになったところで、
今年初の花火。


初代息子(バーニーズマウンテンドッグ)は、
火をこの上なく恐がったが、
泰楽は平気の模様。
1mくらいの距離でじっと眺めていた。
この様子では初代では実現できなかった
「ワンコと花火大会」も楽しめるかもしれない。

ちなみにチーバくんも平気な様子。
出会って10秒で懐いてました👀
IMG_1367.jpg



ラベル:渡良瀬川
posted by ZENTA at 17:48| Comment(2) | 犬とカヌー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●