2018年07月17日

犬とカヌー「やっと川へ飛び込むことができました」大井川(静岡県)

母親とは一緒に泳ぐのに……。
水位:神座-123㎝

7月14日は静岡県の大井川を下った。
ここのコースは5.3kmあるにもかかわらず「C」の字を二つつなげたような形なので、
ゴールした後に自転車でクルマを取りに行く道のりがわずか1km(6分)。
しかも水がきれいで「大井川ブルー」と呼ばれているとかないとか。
とにかく大変お気に入りのコースだ。

しかし、ネックもある。
いつも水量が少ないのだ。
だいたいは200m漕いで50m歩くといった繰り返し。

ところが今回は大雨の後でいつもより60㎝ほど水位が高かった。
「これは期待できる!」
と河原に降りたところ水量はあるものの水はコーヒー牛乳色。
残念だが歩くよりは良しとしよう。
それに今季初の気温30度オーバーのダウンリバーだ。
出発!

IMG_1536.jpg

川の流れは早歩き程度で爽快。
一生懸命漕がなくても盛夏のまぶしい緑が目の前を駆け抜けていく。

「気持ちいい~!」
と目を細め息子(ゴールデンドゥードル)に同意を求めると……?

相変わらず後ろ向きの乗船


「やっぱり慣れないものなのか??」

しかし、息子には悪いが我々は楽しまないわけにはいかない。
早速嫁が川へ飛び込みライフジャケットの浮力を活かして流れて行った。
夏の川下りはカヌーいらず。
このように身一つで流れるのが最高に心地いいのだ。

キャッキャ騒いで流れる嫁。
見つめる息子。
すると突然行動に出た。

IMG_1596.jpg

嫁めがけて飛び込んだのだ

レトリバーの血を引き継いでいるくせに水があまり好きではない息子。
でも、嫁がおぼれていると勘違いして助けに向かった模様。

IMG_1597.jpg

親子愛に感動しつつも、
「ぽつん」
とカヌーに残された私。
結局嫁と息子は200mほどの「ぷかぷか」遊びを楽しんだ。

だが至福の時間は長くはなかった。
嫁がカヌーに上がると、
力尽きた息子は
「どんぶらこっこ」
と単独で流されてしまったのだ。

IMG_1525.jpg

あっという間に7~80m離れる息子。
しかし、我々は焦らない。
この先に危険なカ所がないことを知っているし、
ライフジャケットを着ているので溺れることもないからだ。

流れが緩いところに来れば追いつく。
または自力で岸に泳ぐことができれば泳力のアップにもつながる。
最終的に息子は200mほど流されて岸に泳ぎついた。

そんな感じで代わりばんこに川に流され約1時間10分でゴール。


IMG_1603.jpg

やはり水量が多いので、いつもより30分くらい早く着いた。

それからは支流を遡ってキャンプ地へ。
IMG_1565.jpg

だーれもいない穴場だが、
潜っても魚がいないところがネックだった。

そこで翌朝は6時に起きて富士川の支流へ。

IMG_1599.jpg

IMG_1598.jpg

ここはとにかく水がきれい。
しかも流れが緩やかなので息子の水泳教室にはぴったりだった。
水に浮くおもちゃを投げると、おどおどしながらも取りに入った。
本当は「ジャブン!」と飛び込んでほしいが慣れないうちは仕方ない。

IMG_1600.jpg

IMG_1589.jpg

ところがだ。
水泳教室の先生に飽きた嫁がシュノーケルを付けて泳ぎ始めると、
息子はまたしても嫁めがけて「ジャブン!」と飛び込んだ。

IMG_1601.jpg

しかも2人並んでしばらく泳いでいる。

再び一人残される私。
カヌーから飛び込むのも、
川で泳ぐのも私の方が多いのに、
なぜ息子はそれに反応しないのか……?

今季初の夏を噛み締めつつ、
ちょっぴり切なさを覚えた。
ラベル:大井川
posted by ZENTA at 10:34| Comment(0) | 犬とカヌー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●