2018年12月30日

犬と雪山トレッキング「ドゥードルは雪も平気で駆け回る」一ノ倉沢(群馬県)

ドゥードルは雪へのマッチング度も高い!

2018年12月22日。
息子(ゴールデンドゥードル)初の雪山に出かけた。
いつもなら2000m前後の頂上を目指すのだが、
今回は生まれてはじめての挑戦なので、
様子見ということで谷川岳の麓にある一ノ倉沢(群馬県、標高約900m)までトレッキングすることした。

だが出発前に「てんきとくらす」を確認すると、
残念ながら午前中の天気は曇り。
仕方なくほかに雪がありそうな日光、那須、浅間山方面を確認するが、
それらは一日中曇り。
しかも2000m辺りは暴風の予報。

ならばやはり、ということで一ノ倉へ出発。
今年は雪が少なくて土合駅の先の白毛門登山口に駐車できた。

IMG_0146.jpg
ボディは雪玉が付かないように6㎜でカット済み。寒がるか!?

旧道(舗装道路)を歩くこと20分(約1.3km)は車道なのでにリードを付ける。
それからの通行止めエリアは、積雪10~20㎝程度でチェーンスパイクを装着すれば余裕。
リードを外すと息子は、はしゃぎまくり。まったく寒くない様子。

IMG_0162.jpg

つられて嫁も狂喜乱舞。

ぼかし.jpg

途中ちょこちょこ幅3mほどのデブリがあるがまったく危険なし。
普通に道路を歩いて1時間40分で一ノ倉沢に到着。
霧で上3分の1は見えず

だが奥の沢まで2~3回踏み抜くものの歩いて行けた。
貸し切りでおやつタイム。

ぼかし2.jpg


それから河原を歩く新道へ下る。
積雪がいきなり30㎝以上になってスノーシューを付けないと歩けなくなる。
河原との標高差は100m。
結構傾斜が急で恐いが泰楽はウキウキ状態で下りていく。

IMG_0278.jpg

とはいえ、怖気づいて何度も呼ばないと来れないことも。

IMG_0280.jpg

下りきったら河原の雪原でランチ。

IMG_0225.jpg

爽快空間だが、一ノ倉沢も白毛門も霧で見えない。
河原にはそこら中に人の足跡があった。

新道に沿ったトレースはいい加減。
信じて2回ほど迷った。
皆さん雪が降ると河原を歩いている模様。

しかも途中2回ほど沢を渡る場所があり、
「32㎏の息子を抱っこしなければならないのか!?」
と覚悟したが平気な顔してついてきた。

IMG_0258.jpg

そして結局晴れることなく到着。
やはり冬の谷川岳周辺は晴れないことが前提のようだ

帰りは湯テルメにて入浴。
行く途中で晴れてきれいな谷川岳(マナイタグラ)を堪能できた。

IMG_0267.jpg

以上、5時間25分 8.8kmのトレッキングでした。
ラベル:一ノ倉沢
posted by ZENTA at 12:12| Comment(0) | 犬と雪山登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●