2018年02月28日

大型犬の子犬を手軽に洗う方法

キッチンの流し台は非常に便利


私の精神年齢はいつまで経っても中学生。
ちょっとしたことで
「ポッ💓」っとなったり、
「デヘッ💦」っとなったり、
「ウッキー❗」っとなったりする。

ところが身体は着実に年相応に変化しているようだ。
40代に突入してそれを強く感じることがある。
それは寒がりになったこと。

高校生の頃は
「寒がっていたらギャルギャルにモテないでしょ
と、ボロボロで穴が開きまくったウェットスーツで九十九里の海に入っていた。
結局女の子は見ていなかったけど。

なのに数年前からは、
まったく海水が入らないドライスーツを12月に入った途端に着ている。
もうこれがなければ冬のサーフィンはやめる!
と胸を張って言い切れるくらいだ。

外出時もヒートテックのタイツは当たり前。
今シーズンはダウンコートをノースフェイスの
サザンクロスパーカ
に買い換えた。

↑これはそっくりなマクマードパーカ。画像が見つからなかったもので。


最近人気のカナダグースの方がすっきりした印象でカッコイイかもしれないが、
そんなことよりも暖かさが第一👊

サザンクロスパーカはモコモコのシルエットだが、
南極での使用に耐える保温性。
北風ビュービューのドックランでもコタツに入っている暖かさだ。


さて、そんな寒がりな私が冬に入ると考えただけで憂鬱で憂鬱で、
やけ酒を飲んでしまいたくなるお仕事がある。
それは月一回のワンコを洗うことだ

初代息子(バーニーズマウンテンドッグ)を洗うときは、
庭に設けた温水シャワーで行っていた。

シャンプー.JPG

冬場はもちろんドライスーツを着用してだ。
通りすがりの近所のおばちゃんに見られて、
何度「ギョ!」っとされたことか……。

そして二代目の息子(ゴールデンドゥードル)を迎えたのは11月中旬。
我が家に慣れるまで刺激的なことはできない、ということで年末までシャンプーは控えていた。

とはいえ、やはりお正月はきれいさっぱりで迎えたい。
でも、外でシャンプーするのは嫌だ……。

そこで、ふと目に入ったのがキッチンの流し台だった。
もしかして……。



👀👀👀👀👀👀









サイズを測ると横75㎝、奥行45㎝。
当時の息子は柴犬を一回り大きくしたくらい(16㎏)だから、
すっぽり入る。

しかも吐水口はシャワー仕様になっており、
ぐいーっと50㎝くらいホースが伸びるようになっている。
もちろんお湯も出る。

イケる!✨

早速息子をヨッコラショと持ち上げて流し台へ入れ、
シャワーをかけてみた。

IMG_9497.jpg

はじめて濡れて固まる息子。
そのままシャンプーをつけてグイグイ洗う。

IMG_9498.jpg

いい感じ

家の中なので寒くないのはもちろん、
庭のシャワーやお風呂場のように腰を曲げなくていいので、
腰痛持ちの私でも楽に洗うことができる。

こんなに願ったり叶ったりのシャンプー台がほかにあるでしょうか!

初代息子のときは洗うだけで30分以上を費やしたが、
今回は10分もかからずに終了。

乾かすのも強力なブロアーがあるので、
スイスイーーーだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1500W強風ペット用ドライヤー メガブロー
価格:34560円(税込、送料無料) (2018/2/28時点)



ブロアーはドライヤーと違って、
乾かすのではなく強風で水分を吹き飛ばす。

IMG_7776.jpg

バーニーズで人間用のドライヤーを使っていたときは、
乾くまで2時間以上かかっていた。
それがこのブロアーにしてからは30分。

しかもこの商品は温風も出るので乾きやすいし、冬場は寒くならない。
さらに風力を無段階に調節できるので、
風の音を怖がる子犬でも使いやすい。

これだけ充実機能で、
ペッカリーなど有名メーカーの半額以下。

「ペットグッズ買ってよかったランキング」
のベスト3に入る逸品だ。

今回は息子がまだ小さかったので15分でフワフワに乾いた。

IMG_7788-COLLAGE.jpg

IMG_7797 (1).jpg

流し台の子犬洗いに大満足
でも、流し台は何kgまで載せられるのだろうか?
30㎏をオーバーしたら底が抜けるような気がする……。

ちなみにこのときブロアーは最大パワーで使用。
息子はショックで1週間に渡って下痢をしました。

ラベル:シャンプー
posted by ZENTA at 19:41| Comment(0) | シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
●スポンサードリンク●