2019年01月31日

犬と雪山トレッキング「ー15℃の猛吹雪で登頂断念!」杣添尾根(八ヶ岳・長野県)

ホワイトアウト状態でも元気いっぱい!?

2019年1月26日は八ヶ岳の杣添尾根を登った。
この日は全国的に寒波に見舞われ、
谷川岳方面=吹雪
浅間山方面=暴風
日光白根山=曇り
ということで、てんくらで「A」判定は八ヶ岳方面しかなかったからだ。

杣添尾根は横岳に登るコース。
途中の展望台から
赤岳ドーン!
富士山ギュイーン!
の絶景が堪能できるとのこと。
さすがに標高2800mオーバーの山にワンコと登頂は無理なので、
そこをゴールにしようとウキウキで出かけた。

スタート地点は別荘地の中。
この時点ですでに標高1776m(スマホGPS計測)あった。

天気はもちろん晴れ。
若干風が気になるが大展望を楽しみに出発した。

1.jpg

今年はほとんどの山で雪不足だが、
ここは十分。
息子はガシガシとラッセルを楽しんでいた。

3.jpg

ただし、このコースには大きな大きなネックがある。
約4km先の展望台までずっと樹林帯なのだ。
その間の展望は一切なし。

これは覚悟のうえだったので、
新雪を楽しみながら黙々と登る。

2.jpg

そして3時間後。
大事件が起こる。

4.jpg

5.jpg

樹林帯の中を歩いていたので気づかなかったが、
いつの間にか猛吹雪となっていたのだ。

推定気温-15℃
風速15m

でも山の天気は変わりやすい。
「もうちょっとだけがんばってみよう」
と歩き続けた。

そしてやっと視界が開けてきたところで振り向くと息子はこの状態に。


6.jpg

ちょっぴり震えている!?
おまけに白いチャウチャウになってしまったではないか

まままままずい!
私も写真を撮る指が寒さでジンジンしてきた。
つま先も痛い。
凍傷になるかも??

スマホのGPSを確認すると、
標高:2536m
活動時間:3時間30分
滑動距離:3.4km

このときちょうど展望台まで行ってきたという、
地元のおじいちゃん(73歳)とすれ違った。

「展望台まであと何分くらいですか?」

おじいちゃん
「普段は20分だけど、きょうは雪がさらさら過ぎるから30分以上かかるだろうね」

あと5分以上は絶対に登りたくない!
大至急下山することにした。

嫁と息子にUターンを告げると、
大賛成という回答。
しかし、表情は二人とも真っ暗。

「人間は防寒着を着ているからなんとか大丈夫だろうが、
薄着一枚しか着ていない息子はどうなってしまうのだろう……」

不安が重くのしかかる状態で下山を開始し、
息子の様子を確認する。

すると……。

7.jpg


ウキウキの表情で、
小鹿のようにぴょんぴょんとついて来る。
やっぱ犬は強い!

展望はゼロだったが、
得ることは大きかった登山だった。

ラベル:杣添尾根 八ヶ岳
posted by ZENTA at 12:47| Comment(0) | 犬と雪山登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
●スポンサードリンク●