2019年03月11日

犬と雪山トレッキング「歩行距離、傾斜、絶景のバランスが絶妙の穴場発見!」三国山(群馬県)

比較的手軽に登れるのに大絶景!

3月の第一土曜日に群馬県と新潟県にまたがる三国山(1636m)に登ってきた。

気温1℃、風速5m。
かなり暖かく、風は弱め。
恵まれた天候だ。


三国トンネルを越えた新潟側スタートの方が雪が多くて楽しいらしいので、
そちらに向かうが工事中で駐車できず。
群馬側から登る。
たぶん3番目スタート。

最初の400mは明るい樹林帯。
そこからトレースが夏コースを外れて急斜面を九十九折に続くのでそれに従う。
すると大斜面の雪原に出た。

1.jpg

気持ちいいぃ~~。
息子のテンションが一段アップ!

雪崩が怖いので端の方を時々振り向いて景色を味わいつつ登る。


尾根まで上がると大きな雪庇。
4.jpg

3.jpg

その先を下ると神社がある。
ここが新潟側との合流地点。

その先は尾根沿いの急登。
5.jpg

雪庇が崩れて大雪崩の跡があった。

DSC02905.jpeg

途中、はいつくばるような斜面もあるが、
雪が緩いので泰楽はサクサク登る。

振り返るとずっと苗場山含む三国山脈の面々。

6.jpg

途中2つの峰を超えると山頂。

7.jpg

3時間15分。
頂上からは国道17号沿いの町と三国山脈の眺望。
チキンラーメン&中華丼の具の昼食をとる。

少し戻って平標山方面へ50m行くと苗場山・平標山・谷川岳ドッカーン!
(写真は撮ったが実際とのギャップがあったので載せない。少なくても上の景色よりも絶景!)

山頂から200m先でも同様の絶景があるらしい。
(時間がないので行かなかった)

帰りは神社までヒップそり。



40度近い傾斜だが雪がゆるゆるなので怖くない。
三国山脈が迫ってくる状況で滑る気分は最高だった。
ただし、お尻による踏み抜きもアリ。

9.jpg

トータル5時間46分。
(かなりゆっくり)
4.8km。

今まで
・長すぎず短すぎずの歩行距離(千葉から日帰りが大前提)
・適度に疲れる傾斜(ピッケル必要なし)
・疲れが吹き飛ぶ絶景
のバランスでは長野の守屋山が最高峰だった。

ところが三国山は大きくそれを上回った。
なのにあまりメジャーではない。
つまり穴場だ。
犬連れ雪山登山には最高ランクの山であることに太鼓判。
次回はぜひ、より雪が多いと言われる新潟側から登りたい。

帰り道沿いのまんてん星の湯に入る。
評価は露天、サウナともに普通かな。

ラベル:三国山
posted by ZENTA at 11:18| Comment(0) | 犬と雪山登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
●スポンサードリンク●