2018年08月28日

愛犬を失って1年後に思うこと

新しい犬はけっして代わりにならない


2018年8月23日、初代息子(バーニーズマウンテンドッグ)が亡くなって1年が経った。
最期の様子↓

IMG_0587.jpg

思い出すと息子は、
「花火が打ちあがると、パニック状態となり、どこまでも必死に逃げようとする」
「通りすがりのコーギーに突然噛まれても、じっと座って我慢している」
といった具合に気が弱い子だったにもかかわらず大変プライドが高かった。

しつけで家族にはおなかを見せるようにさせていたが、
自分からは亡くなるまでけっして見せなかった。

散歩時は3歳までリードを引っ張りまくった。

5歳までは嫁に対して甘噛みをしまくった。
(そのため嫁の腕はいつもカサブタだらけだった)

このようなことで私とは何度かしつけというレスリングなどをし、
本気で噛まれたことが3回ほどある。

そのうち1回は、私と嫁の夫婦げんか(口論)中に、
突然私の腕に噛みついてきた。
これが本気で万力のようにグリグリ締め付けられ、
直径5㎜ほどの穴がポッカリ開いた。

「普段は私の言うことばかり聞いているのに、
緊急時は嫁を救おうとするのか!?」

この驚きは今も鮮明に覚えている。

しかし、5歳になる前あたりから、
完全に我が家の一員となった。

一緒に生活するうえで、ほとんどストレスを感じることがなくなったのだ。

・吠えない
・トイレは外でしかしない(これが介護時の問題になったが)
・人間の食べ物を欲しがらない(一生人間の物はあげなかった。嫁は「最期くらいアイスクリームをあげたかった」と後悔している)
・家の中のモノを壊さない
・子どもに何をされても怒らない(目つぶしをされても)

そして、夜にリビングから寝室へ行こうとすると、自分でサークルへ入る。
酔っぱらって思いっきり撫でてやろうと目を合わせると、5m離れていても微妙な表情で身体を寄せてくる。
テーブルから新聞が落ちるとくわえて渡しに来る。
仕事のことなどでイライラしていると自分からサークルへ避難して息を潜める……。

さらに私にとっては、完璧な遊びの相棒となった。

・毎週一緒に海に行く
サーフィン中は路駐のクルマにつながれ、仲間や知らないサーファーに癒しを提供。

・カヌーや川遊びに同行
少しきつい瀬に入ると簡単に川へ落ちていた。どうせ岸に流れつくので放っておくと、泳ぎが苦手なくせに見捨てられまいと必死に泳いできた。
また、私が泳ぎはじめると毎回溺れたと勘違いして飛び込み、自分が溺れて私に助けられていた。


5.jpg

DSC00533.jpgIMG_4251.jpg

・雪山登山に同行
10歳まで傾斜45度くらいの岩場でも、張り付くように登った。
最後の登山は紅葉の低山(標高500m)だが11歳の誕生日だった。


9.jpg

IMG_4807.jpg


とはいえ、息子はマウンテンドッグのくせにアウトドアは、あまり好きではなかった。
キャンプ地が少しでも湿っていると絶対にフセをしない。
私が清流パラダイスを発見しようと山奥へ入ると、
勝手にUターンして1km離れたクルマの近くで待っていることもあった。
熊除けの役目もあったのに……。

私にとっては、まさに「ツーと言えばカー」の仲。
どこへでも一緒に探検する最高の相棒だった。
家で仕事をすることが多いこともあり、
本当にいつも一緒にいたのだ。

そんな息子が1年前に、あと3カ月で12歳、というところで亡くなった。

IMG_6656.jpg

バーニーズマウンテンドッグの寿命は、10歳といわれているので、
覚悟は十分できているつもりだった。

体調がおかしくなってからは、
出費を気にせずにできることはすべてやった。
悔いはないはず。

でも、息を引き取った瞬間に、心にデッカイ穴が開いた。
「明日の朝にコイツがいないなんて耐えられない」
「ペットロスなんて絶対に実感したくない」

午後8時50分に亡くなり、
その日付が変わる前には、新しい犬のブリーダーにメールをしていた。
(嫁はこのことを知らない)

そして約3ヵ月後に新しい子(ゴールデンドゥードルの泰楽)を迎えた。
これで穴は埋まったのか??

実は穴はしっかり残っている。
その存在を意識する頻度は減ったが、
同じ大きさ・深さで。

亡くなった相棒の喪失感は、
新しい犬を迎えても埋まらない。
毎日「去年の今ごろアイツはこうしてたな」と思い出す。

7年前に約20年離れて暮らした父を亡くしたが、
その感覚とはかなり違う。
父に対しては離れて暮らしていたので、
今でも実家へ行けば会える気がしている。
時々旨いものを見つけると「これオヤジに持って行こう」となるのだ。

しかし、息子に対しては思い出すたび
「あぁ、いないんだ」と胸にこみ上げてくるものがある。

ただし、次の子を迎えることで、
穴は穴として残るものの、
過去の楽しい記憶に新しい思い出が積み重なって、
より充実した人生になっている。

母を失う子のドラマなどで
「お母さんは君の心の中で生き続けるよ」
といったセリフを聞くと意味がまったく分からなかった。

ところがこの1年でやっと理解できるようになってきた気がする。
父に対しても息子に対しても時々無意識に話しかけているのだ。
そして二人に対して恥ずかしくないことをしようとしている。
たぶんこの会話は一生続くだろう。

だから泰楽に対しては、初代息子が喜ぶことをしようと思う。
初代息子よりも少しだけやさしく、
たっぷり遊ぶ。

生き物は必ず死ぬ。
だから犬は二度と飼わないか?

それはない。
犬は生活を楽しく豊かにしてくれる。
初代息子がいなかったらカヌーはしなかったし、雪山にも行かなかった。
だから泰楽には、最期までベストを尽くして付き合っていこうと思う。

IMG_6157.jpg

ラベル:1年後
posted by ZENTA at 18:25| Comment(0) | 愛犬を亡くすということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●