2018年11月12日

生後14ヵ月で去勢手術。性格に変化はあるのか?

くんくん癖は直らない……。


2018年10月28日、生後14ヵ月となった泰楽(ゴールデンドゥードル)の去勢手術を行った。

IMG_6104.jpg

「その首長族みたいのなに?」
とよく聞かれるが、これはエリザベスカラーだ。

先代犬(バーニーズマウンテンドッグ)の図体が大きかったため、
通常のエリザベスカラーだと首を振るたびに家中の物が破壊された。
そして本体も1日でヒビだらけに……。

そこでやっとこの首長族カラーを発見したというわけ。
これなら物を破壊しないし、慣れれば装着した状態でご飯も食べてくれる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エリザベスカラー】バイトノットカラー 7" (体重30〜45kgの犬用)
価格:5184円(税込、送料別) (2018/11/12時点)

楽天で購入



しかし、このカラーが有効に働くには、
犬種や手術跡の場所の条件がある。
先代犬はしっぽの付け根を手術したが、
口がギリギリ届いてしまった。

泰楽は、そもそも首が長いので心配だった。
しかし、1週間後の抜糸まで舐めた様子はなかった。

だが、ずっと違和感は覚えていたようだ。
装着すると数分間は石のように動かなくなる。

それでも甘えたいようで、私に近づいてくるのだが、
そこでもやはり固まる。

ぼかし.jpg









アップ。

首長族.jpg



去勢手術では当然ながら全身麻酔を行う。
そこで顎にある直径1㎝弱のシコリも切除してもらうことにした。

これは2~3ヵ月前からあり、
大きさもずっと変わっていないので悪性ではないと思うが、
「どうせなら」と手術代を聞いたところ、
去勢2万8000円(税別)にプラス5000円ということなのでお願いした。

IMG_6107.jpg

先生いわく、手術前に念のため細胞を取って分析しようとしたところ、
硬すぎて採取できなかったそうだ。
そして実際に切除して現物を見ても、
脂肪でもない謎の物体だったとのこと。

専門機関への分析を提案されたが、

・若いので癌の可能性は低い(生後14ヵ月)
・2~3ヵ月大きくなってないので癌の可能性は低い
・生後8カ月のときにわき腹に同じような塊があり、専門機関に出したところ問題なかった

ということで今回は出さなかった。

そして抜糸当日の朝。
なんと、どうやってか自分で糸を切ってしまっていた。
大至急病院に連れて行くと、

「抜糸はすでに完了していますね」


きれいに糸が取れていたのだ。
問題は顎の方だった。
どうやら首長族カラーが触れてしまううえに、
時々後ろ足でかいていたようで、手術跡が一部開いてしまっていた。

なので顎の抜糸は延期。
「抜糸はいつしても構いません。
極端な話、1年後でもOKです。
完全に手術跡がふさがったら来てください」

それならそれで仕方がない。
とはいえ、やっと去勢ができた。
これで前立腺系の病気になりにくい。
そしてドッグランで友だちをたくさん作れるようになるだろう。

なぜなら息子はくんくん癖があるからだ。
ドッグランに連れて行くと、
気に入った子の匂いを永遠に嗅ぎ続ける。
そして「しつこい!」と避けられることの繰り返し……。

これは先代犬とまったく同じ。
その様子↓

この話を抜糸時に先生にすると衝撃の事実が!?



「くんくんするのは性格です。
つまり、性的な衝動とは関係ないですよ。
だから去勢しても直らないでしょうね」

👊👊👊👊👊


我が家の教育に何か問題があるのだろうか……?
ラベル:去勢
posted by ZENTA at 11:35| Comment(0) | 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●