2018年04月24日

生後8ヵ月ゴールデンドゥードルがカヌーデビュー! at思川(栃木県)

すんなり乗船できるのか?
水位:大光寺―3.63m

我が家の犬は必ずアウトドアを楽しまなければならない。
たとえば、
・カヌー
・川遊び
・トレッキング
・雪山登山
・キャンプ
だ。

先代犬(バーニーズマウンテンドッグ)は、
ほぼ完璧にこれらをこなした。

特に山に関しては、さすがに「マウンテンドッグ」で、
そそり立つ岩場でもへばりつくように登っていった。

さて、二代目犬はゴールデンドゥードルである。
・遊び好きなゴールデンレトリバー、
・運動神経バツグンのプードル
この血を引くこの息子(泰楽)は、はたしてアウトドアを満喫できるのか?

生後8ヵ月を迎えて骨格がしっかりしてきたことと、
4月になって暖かくなったので、
いよいよカヌーデビューさせることにした。

とはいえ、クルマ酔いは相変わらず。
そこで向かったのは我が家からクルマで2時間弱と近い栃木県の思川(おもいがわ)だ。

ところが東北自動車道で原因不明の渋滞に遭遇。
さらにナビにセットしてあったにもかかわらずスタート地点が見つからない、
といったアクシデントに見舞われて、結局到着まで3時間を要してしまった。
そのため、スタート地点で息子の様子を見ると足元がゲロだらけ

息子よ、すまん。
大至急ライフジャケットを装着させると同時に、
インフレータブルカヤックを膨らませた。

IMG_0298.jpg
バーニーズと違ってアウトドアウェアがイマイチ似合わない気がする……。


しかし……。

まさかの穴あきカ所発見。
インフレータブルカヤック=ゴムボート
なのでこれでは泥船となってしまう。

またまた大至急トラックの幌を修繕するテープを貼って、
その場を切り抜けた。

IMG_0477.jpg

さて、ようやく出発の準備は整った。
息子よ、乗船だ!

IMG_0286.jpg

ところがどっこいカヤックを怖がってぜんぜん乗ろうとしない。
嫁が全力で引っ張ってもテコでも動かないのだ。

「嫁だと甘えていやがるな」
そこで私が「うおらぁ~」と持ち上げて乗せた。

今回のコースは、
栃木県小山市の大光寺橋下流の河原からJR小山駅手前の河原までの約6.3km。

流れがかなり緩いので、
のんびり景色を眺めながら行こう。

で、泰楽くん、はじめて見る船からの景色はどうだい?

IMG_0305.jpg

嫁にへばりついたまま、
ぜんぜん前を向こうとしない。
それじゃ嫁がぜんぜん漕げないんですけど……
(結局息子はこの体制のままゴールに到着してしまった)


IMG_0351.jpg
せっかくいい景色なのに……。

思川はカヌーをする川としては有名ではないかもしれない。
実際に今回が3回目のツーリングだがお仲間は見たことがない。
そもそも川に人があまりいない。
いたとしてもほとんどがバス釣り師。
鮎の季節になってもちらほらという感じ。

とはいえ、のんびり下るには持ってこいの川だ。
スリリングな瀬は皆無だが、
カヌーに浮いていれば民家などほとんど見えない。
しかも途中で奇岩地帯があって、
なかなか楽しめる。

IMG_0340.jpg

雰囲気はカヌーで有名な那珂川に似ている。
那珂川の規模を半分にした感じだ。

画像を見ると透明度は高く感じるが、
これも那珂川レベル。

IMG_0331.jpg

透明度2~3mといったところか。
しかも今回はしばらく雨が降ってなかったようで、
川底の石に藻がびっしり付いていた。
とても泳ぐ気にはなれない。

そして、大雨の後以外はいつも水量が足りない。
この日の水位は大光寺ー3.63m。
少なくても―3.5mないと頻繁に歩くことになる。
今回も3~4回は歩いた。

IMG_0313.jpg
息子は水に対しては抵抗がないようでタッタカ歩く。
途中で人(犬)生初の泳ぎも見せた。

乗船人数が少ないとカヌーが浮く場所もあるので、
そんなときは息子を慣らすために放置プレイ

IMG_0324.jpg

こんな感じでどんぶらっこっこと流れて約2時間半。
大した事件もなくゴール地点に到着。

IMG_0369.jpg

息子のデビュー戦としては、
落ち着いていて最適な川でした。

さて、次は大至急チャリンコでクルマを取りに行き、
着替えてトレッキング&キャンプファイヤーだ
ラベル:思川
posted by ZENTA at 11:10| Comment(0) | 犬とカヌー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

生後7カ月半のゴールデンドゥードルは登山犬の素質十分!

いまだにクルマ酔いが治らない……。


息子(ゴールデンドゥードル)は、いよいよ来週(2018年4月21日)カヌーデビューする。
しかし、大問題が……。

それは体重が31.6㎏(生後7ヵ月半)となった今もクルマ酔いをすることだ。

来週行く川までは片道約2時間。
どうにかしなければ……。

ということで今週末は生まれて初めて波乗りに連れて行った。
目的地は片道約2時間の千葉県南房総市。

結果としては出発して1時間50分の時点で吐いてしまった

本人(犬)としてはよくがんばった方だろう。
とにかく慣らせるしかない。

それで海に着いたらぐったりかと思えば、
この通り元気・元気。

IMG_0137.jpg

棒を投げろとうるさくてなかなか海に入らせてくれない。

IMG_0271.jpg

やっと入ったら波は風が入ってダメダメ。
2時間弱で上がって、
近くの山へトレッキングに行くことにした。

選んだのは花嫁街道を途中の展望台で折り返すコース。
IMG_0178-2.jpg

息子はまだ登山の経験はない。
しかし、このコースは千葉県といってバカにはできない急登がある。
果たしてついて来れるのか?

スタート地点は渓流チック。
途中に川を渡るための飛び石がある。
息子はどうすればいいか迷っている模様。


IMG_0181.jpg

「早く行け!」と背中を押す。
すると……。

IMG_0183.jpg


げげげっ!
川の中に入っちゃうの!?

下半身がびっちょりに💦

その上、ぬかるみのコースもあったので、
足はドロドロ

IMG_0186.jpg

帰りに川で洗えばいいかぁ。

さらに進むと大きな滝がドーンと現れた。

IMG_0191-2.jpg

マイナスイオンを吸い過ぎて狂喜乱舞する嫁と息子。
ちょっと寄り道のつもりがなかなかの観光地!

その先の階段では怖がって足がすくむ。

IMG_0198.jpg

無理やり引っ張っていよいよ急登の登山道に。

IMG_0202.jpg
意外にグイグイ登っていく。
私たち夫婦の先に行って待っていることもあった。

もしかしてセンスある??

親バカな気持ちを感じつつ歩を進めると、
いよいよ今回のゴール地点である展望台が近づいてきた。

IMG_0206.jpg

ここが展望台?

IMG_0210.jpg

実はこれは「千葉県登山あるある」。
展望台としているのに樹木が伸びまくってほとんど何も見えなくなっているのだ

とはいえ、まだ虫の少ない時期に低山に登るのは気持ちがよかった。
今回は往復2.3km、約1時間、標高200m弱のちょっとした登山。

IMG_0214.jpg

しかし、来シーズンは2500m級の雪山に登ってもらう。
この様子なら大丈夫かな?



posted by ZENTA at 19:18| Comment(0) | 犬とトレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

生後6ヵ月のゴールデンドゥードルを業務用バリカンで丸坊主に!

やはり業務用は切れ味がぜんぜん違う!


「子ども毛と大人毛が絡まって毛玉だらけになるから、
生後4か月を過ぎたら一度丸坊主にしましょう」

そうブリーダーにアドバイスされ、
先日実行に移したところ途中でバリカンの刃が破損。
その結果、息子のヘアースタイルはこの状態に💦

IMG_9480 (1).jpg

完全な虎刈りだ。
しかも毛の長さが1㎝になるアタッチメントで刈ったのに、
どこも3㎝以上残っていた。

IMG_9519.jpg

バリカンというものは、
アタッチメントのサイズよりも長く刈れることは知っていたが、
いくら何でも長すぎ。
このままでは子ども毛と大人毛が絡まってしまう。
そして何よりカッコ悪い……。


刈る前はかわいかったのに
IMG_9435 (1).jpg

そこでバリカンを購入したお店(楽天)に相談した。
すると次の3機種をお勧めされた。








どれも業務用で、
電話で対応してくれた人はプロのトリマーもしており、
上記「タピオ」を使用しているそうだ。

「で、実際にどれがいいですか?」

と、たずねたところ次のような回答だった。

「切れ味はどれも変わらないと思います。
ただ、KM2だけはプードルなど毛質が特殊な犬種に限って、
切れにくいと言われたことがあります」

「ピースはタピオのコードレスタイプです。
同じメーカーで同じ刃を使っているので、
切れ味もまったく同じです。
コードが気になるならピースですが、
私はタピオの方が若干軽いのでそちらを使っています」

このことを我が家のトリマー先生である嫁にそのまま伝えた。
すると即答で次の言葉をいただいた。



「充電が切れるのが嫌だからタピオ❗👊」



ピースの連続稼働時間は約1時間。
今回の虎刈りに費やした時間は約2時間。
なので1時間では足りない可能性がある。

と、いうことで新規ワンコ用バリカンはタピオに決定。

だが、まだ検討しなければならないことがあった。
それは
タピオ(ピースも)は替刃が別売り
ということだ。

0.1㎜から16㎜までほぼ1㎜単位で14種類、
刈りたい毛の長さに応じて別途替刃を用意しなければならない。

どの長さにすればいいか調べたところ次のようなことが分かった。

1.お尻周りや足の裏を刈るために犬種を問わず1㎜は必須
2.サマーカットといわれる長さの目安は6㎜(犬種による)

なので1㎜は確定。
残るは……。

1年中サマーカットにするのは嫌だ。
でも、川で泳がせることが多い我が家で長めはあり得ない。

と、いうことタピオの1㎜刃セット↓




8㎜(6000円)の替刃↓を購入することにした。


合計約2万3000円
けっして安い買い物ではない。
だが、2回トリミングに出すと思えば回収できてしまう。
長い目でみれば大変お買い得な選択になるはずだ。

そして待つこと2日。
届いたのがこれだ。

IMG_9515.jpg


早速8㎜刃を装着。

IMG_9520.jpg

なるほど軽い。
重さは替刃を付けても約290gだそうだ。

では、肝心の切れ味は??



👀




👀




👀

IMG_9525.jpg



切れるっ
めちゃくちゃスムーズに刈れるっ

上から下へ動かせば、
ほとんどバリカンの自重だけでなめらかに刈って行く。
まさに憧れのヒツジの毛刈り感覚だ

1a829cdaeb480ac7f453665b7cd08128_s.jpg

音も前機種より静かで、
ブロアーの爆音でオシッコを漏らす息子でも、
お腹を見せて身を任せていた。

IMG_9544.jpg
顔の周りだって平気

刈っているうちになんだかおもしろくなって、
「あっちはどうよ」
「こっちが残ってるでしょ」
と夫婦で夢中になってしまった。

そして1時間後、この雄姿に❗

IMG_9575.jpg

IMG_9570.jpg

天然パーマのラブラドールレトリバー??


まぁ~、なに犬かわからない見た目になったが、
毛玉防止という意味では成功だろう。

毛の長さは、ほぼ均一に2㎝にすることができた。
(替刃のサイズ×2が目安だろうか)
IMG_9537.jpg


次回は16㎜刃も入手して、
顔、足、しっぽはフワフワのドゥードルらしいカットに挑戦しようと思う。
いやぁ~、久々にいい買い物でした。



ラベル:トリミング
posted by ZENTA at 18:58| Comment(0) | トリミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●