2018年01月02日

臆病な子犬がドッグランで治った!

もうこれでひと安心!?


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

さて、2017年11月12日に我が家に来た
ゴールデンドゥードルの泰楽。

IMG_7800.PNG


コイツを選んだ理由は2つ。

・デカくなりそう
・性格が穏やかそう

お陰様で順調に育ち、
12月31日(生後131日)現在で体重は16.7㎏。

昨日(1月1日)、木更津のアウトレットで、
二回り大きな成犬(体高約60㎝)のドゥードルにお会いしたが、
体重は21㎏とのことだったので、
息子はもしかしたら肥満児かもしれない……。
(バーニーズは同じ時期に25kgを超えてたけど)

とはいえ、子どものうちはモリモリ食べさせて元気に育てようと考えている。

IMG_7790.jpg

さて、身体はすくすく成長しているが気になることが。
それは、

・臆病でほかの犬に近づけない
・クルマ酔いをする

臆病に関しては穏やかな性格とセットなのかもしれない。
はじめてドッグランに行ったときは、
ビビりまくって壁に張り付いたままフリーズしてしまった

6.jpg

そこで
「毎週ドッグランに連れて行ってやる!」
と決心。
12月30日で4回目を迎えた。

それで現状はどうかと言うと……。


ビビるどころか気になる子を追いかけまくるようになった。
友だちも積極的に作ろうとする

IMG_7772.JPG


IMG_7765.JPG

やればできるじゃないか。
父ちゃんうれしーよ!

これで臆病に関してはひと安心!?
再確認のためにこれから千葉県八街市の
ドギーズアイランドへ行ってみようと思う。




ラベル:臆病治療
posted by ZENTA at 09:53| Comment(0) | 臆病を治す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

臆病な子犬をドッグランで治す②

2回目で明るい兆しが!?


大変臆病な我が家のゴールデンドゥードル。
社会性を身に付けさせようとドッグランに行ったところ、
最初は私の足元からまったく離れようとせず、
無理やり離すと壁際に座る見ず知らずの老夫婦の肩の上に逃げ込んでしまった

「このままでは引きこもり犬なってしまう!?」

大変心配になってしまった私たちは、
毎週末にドッグランへ行くことを決めた。

そして先週末はその2回目。
ちょっとは進歩したのか?

ちなみに息子はクルマ酔いをする。
それもかなり重症で、
クルマに乗った瞬間から息が荒くなり、
5分後にはよだれダラダラ。
普段ほとんど口を開くことがない息子にとって、
これだけでも大異変。

そして10分後には
「うぉっ! うぉっ!」
と我が家としては無理して買っている高級フード
「ナチュラルハーベスト」
を吐きやがる。

対策をいろいろ調べたところ下記のようなものが見つかった。
・お気に入りの毛布に包まる
・落ち着けるハーブの香りを持ち込む

どちらもあまりピンと来ない。
最終手段は獣医師から酔い止めをもらうことらしいが、
まだ4カ月の子にそこまでするのもなんだし……。

そこでとりあえずネットで以下のサプリ?薬?を買ってみた。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トーラス カーロップ 30ml
価格:589円(税込、送料別) (2017/12/22時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】 センパア プチベリー 10錠 ゆうメール送料80円
価格:298円(税込、送料別) (2017/12/22時点)



そして先週末にまずはカーロップを試した。
目的地はクルマで10分のイオン幕張新都心店。

出発30分前に10滴ほど飲ませる。
甘くておいしいようですんなり飲む。
そして出発。
5分後経ってもよだれなし。
効いてるのか!?

しかし、駐車場のゲートに入る直前から、
息がゼーゼー。

あぶない!
ということで駐車スペースを確保する前に降ろした。
なんとかセーフ。

これは慣れなのか?
それともサプリのおかげなのか?

で、結果からいうと
帰りに乗車後5分でたっぷり吐きました

次回はセンパアプチベリーを試してみます。


さて、本題に戻ってドッグラン。
先週も行ったので少しは慣れたことを期待しつつリードを外すと……。


👀



👀



👀




👀



👀




6.jpg


速攻で壁に登った

7.jpg

それでも犬が近づいてくると、
知らない人の後ろに隠れまくる。

一時は壁際に座る小学2年生くらいの女の子に登って逃げようとする始末……。

父ちゃん情けないよ

そこで嫁は何とかテンションをあげさせようと、
ダッシュをはじめた。
すると息子は夢中でついていく。

8.jpg

これを4往復くらい続けた。

するとほかの犬にも興味を示し始めたではありませんか!


ちょっとクンクンし、
やり返されると逃げ出す、
を繰り返す。

そして最後はジャックラッセル&パグくんと追いかけっこをはじめた



父ちゃんうれしいよ





が、しかし……。

よく見ると様子がおかしい。
楽しそうに追いかけっこをしているのは、
ジャックラッセルくんとパグくんだけの模様。
息子はその後を追いかけて、
一緒に遊んでいる
「つもり」
らしい。
つまり、

エア追いかけっこ??


とはいえ、前回から成長したことは間違いないようだ。
次回に期待する。


ラベル:臆病治療
posted by ZENTA at 12:08| Comment(3) | 臆病を治す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

臆病な子犬をドッグランで治す①

やはり地道にやるしかないのか!?


我が家のゴールデンドゥードルはもうすぐ生後4か月。
体重14.4kg(生後117日)。

1.jpg

家でも外でもすこぶる元気。
家のなかでは私があまり相手をしないので、
一人で遊ぶことを覚えた。


一人でおもちゃを投げ、
一人でキャッチし、
一人で驚いたりしている。

「自分のことは自分でしましょう」
が家訓の我が家に結構馴染んでいるようだ。

問題といえば

1.クルマ酔いをする
2.留守番時にペットシートをめちゃくちゃに破く
3.臆病

の3点。

1と2に関しては、
「大人になれば大丈夫でしょ」
とあまり気にしていない。

だが「臆病」は子犬である今の時期が重要なはず。
どこに行っても愛想がよく、
ほかの犬と仲良くできる息子になってほしい。

そこでできる限り大勢の人や犬と会わせるようにしている。
すでに12月15日時点でクリスマスパーチ―を3回開催した。

3.jpg

1回目のときは3歳の姪っ子に対してもビビりまくり。
触られそうになるとおしっこを漏らしていた。

姪っ子は私から見ればかなり大人しい女の子。
無理やり追いかけるようなことはしていないのに💧

だが、3回目を迎えるころにはだいぶ慣れたようで、
初対面の人におなかを見せまくる場面もあった。
もう人間に対しては大丈夫かも。

さて、残るは犬に対して。
こちらは散歩中に犬とすれ違うと、
「う~っ」と唸ることがあるので、
若干気になっていた。

知り合いの犬に会わせると、
だいたいが無視🐶
結構たんぱくな性格かもしれない。

そこで一度にたくさんの犬に会わせようとドッグランに行ってみることにした。
私は犬との生活を円満にさせるうえで、
シーザー・ミランの本をバイブルとしている。


本当はこの本ではなくて『あなたの犬は幸せですか』の方が実用的

犬との生活でもっとも重要なのは、
「運動(散歩)・しつけ・愛情」の順番を守ることと彼はいう。

私はその教えを守りきってバーニーズマウンテンドッグを飼ったところ、
5歳を過ぎたあたりから、ほぼ100%こちらの言葉を理解できるようになった。
さらに7歳あたりからは目配せやその場の雰囲気も理解できた。
そして、おかげさまで犬種としては長寿の12歳まで完璧な相棒として生きてくれた。

シーザーはドッグランに対して、
「散歩代わりにはならないが、社会性が身につく」
と語っている。

幸い我が家の近所には、
イオン幕張新都心店の無料ドッグランがある。

先々週の日曜日の午後。
息子はそこでドッグランデビューを果たした。

恐る恐る中に入る。
そしてリードを首輪から外す。

4.jpg

まったく私の足元から離れない

そして嫁が壁際に腰かけると、
走り寄って壁に張り付いたまま動かなくなってしまった。

5.jpg

仕方なく我々がスペース内を歩き回ると、
行き場を失った息子は、
壁際に座るまったく見ず知らずの老夫婦の肩に登りはじめてしまった💦

とーちゃん泣けてきたよ……。

この時点で毎週末のドッグラン通いが決定したのでした。
ラベル:臆病治療
posted by ZENTA at 11:16| Comment(0) | 臆病を治す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●