2017年12月04日

ゴールデンドゥードルに最適なフードとは?

低脂肪でないと体調を崩す!?

2017年11月12日に我が家の家族となった
ゴールデンドゥードルの泰楽(たいが)。

IMG_7257.JPG

きょうで迎えて3週間になる。

評判通りに賢いようで、
リビングでテレビを観て放置状態にしていると、
勝手におもちゃをサークルから持ち出して一人で遊び始める。
(テレビの横で小鹿のようにピョンピョン跳ねるのでちょっと気にはなる)

IMG_7308.jpg

また、おトイレも我が家に来て1回目以外は、ほぼ満点。
(1週間に1度くらいウンチの場所がズレる)

IMG_7040.jpg


「お父しゃんの邪魔はけっしてしない!」
が家訓の我が家にはぴったりの頭脳&性格のようだ。

そんな息子がいよいよ2回目のワクチンを受けて、
外に出られるようになった。


IMG_7421.jpg

クルマ酔いはするものの、
外で遊ぶのは大好きなようで、
小学校時代はリレー選手だった妻(アラフォー)の全力疾走に余裕の表情でぴったりついて行く。

目指せ40Kg &15歳
それにはフードのチョイスが非常に重要だ。

そこでお迎えをする前に
「大型犬」
「パピー」
というキーワードでフードを調べてみた。

その中から過去のバーニーズとの経験などを踏まえて絞り込んだのが
アカナ
ニュートロだ。

両方とも大型犬の子犬(パピー)用のフードを用意している。





ところがブリーダーからは
「パピー用はダメ!」
と言われた。

理由は
「パピー用は脂肪分が多い。
ドゥードルは脂肪分を取り過ぎると、
アレルギー症状を出す子が多い」
とのこと。

そのブリーダーがお勧めするのが、
ナチュラルハーベスト
同じくニュートロ
の成犬用だ。





特にナチュラルハーベストの脂肪分は少なく、
「8%以上」
と記載されている。
一般的なフードが15%以上だから確かに少ない。


P1070686.JPG

ブリーダーはこれらのフードに、
煮野菜を汁たっぷりめで加えて与えるのがベストだと教えてくれた。
ドゥードルは水をあまり飲まない子が多いので、
これによって水分を補給するそうだ。

P1070689.JPG

我が家ではナチュラルハーベスト&煮野菜にヤギミルクを振りかけて与えている。


給餌量は1日300g。
これを3回に分けている。

このフードが良かったのか
息子は今のところ元気いっぱい。

IMG_7431.jpg

体重は生後103日で11.6㎏

1日5回以上ウンチする。
下痢なし。

当面の目標はクルマ酔いをしないようにして、
4月のキャンプデビューすることだ。

※でも、本当に成犬用でいいのだろうか。
癌の専門医にたずねたところ
「聞いたことないですねぇ」
とのこと。
もう少し経ったらアカナを試してみようと思う。

posted by ZENTA at 19:51| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ゴールデンドゥードルが我が家の家族になりました!

決め手はおとぼけ具合とデカさ


6年ほど前、ある人から女優の米倉涼子さんがちょー気に入っている犬種がいるという話を聞いた。
なんでも雑種(なのに犬種?)らしい。

その名は
ゴールデンドゥードル。
ゴールデンレトリバーとスタンダードプードルのミックス犬だ。

・モフモフ
・賢い
・デカい

という完全無欠の3拍子が揃っているという。
しかも、プードルの血が入っているので、
かなりの確率で毛が抜けない子になるらしい。

当時の私はすぐに同犬種のイベントに参加し、
実物を見てきた。

そのときの印象は、
「モフモフじゃん!」
「賢いじゃん!」
「デカいのもいるじゃん!」(平均的にはやはりバーニーズの方が大きい)

主催者のブリーダーから根掘り葉掘り聞くとこういうことだった。

・基本的に両親のいいところばかりを受け継ぐ
(なので両親より大きく、長生きする(寿命は15年前後))

・上記はドゥードル同士やドゥードルとプードルの交配(業界用語でF1b)だと薄まってしまうので、
親が純粋なゴールデンとプードルの子(業界用語でF1)がいい

・かなり賢い
(知能偏差値2位のプードルと4位のゴールデンのミックスだから当然)

IMG_7131.jpg
(↑もう古本でしか買えないようです)

そして、このたびそいつを我が家に迎えることを決断した。

問題は2つ。
・どのブリーダーにお願いするか
・名前はどうするか

まずはブリーダー。
がんばって調べたところ4カ所ほど見つけることができた。
それぞれ特徴があり、
大きく分けるとF1の子とF1bの子になる。
後者は前述のメリットは薄まるものの、
容姿や毛の抜けにくさが固定する、といった利点があるらしい。

だが、容姿は見て選べばいいし、
毛の抜けにくさはアレルギーのない身にとっては、
プラスαの要素でしかない。
なのでF1の子がいるブリーダーにした。

さらに比較的デカい子が産まれているところを探した。
最近は晩年の介護のしにくさなどから小さい子が好まれる傾向があり、
父親をスタンダードではなくトイ・プードルにするケースが増えているそうだ。

そのため絞り込んでいくと1つのブリーダーしか残らなかった。
ブリーダー決定❗

早速連絡を取ると、
「ちょうど大きくなりそうな子が産まれています。
性格?
一匹のんびりしている子がいますよ」


まさにグッドタイミング!


次は名前。
理想の相棒(息子)像は、
「大きい、のんびり、動じない」

そして私は川遊び好き。
なので一番に思いついたのは、
大河(たいが)

いいね~、
と思って画数を調べたら私の苗字(本名)との相性が悪い。

(凶)「キーワードは孤立、トラブル、不遇。人生が急展開する波乱の人(犬)」

💧💧💧

仕方がない。
では、同じ読み方でほかの漢字はないか。
最近は名前サイトが充実しているので簡単に調べられる。


するとあったではないか。
「泰」(たい)
意味:大きい、広い 、豊か 、安らか、落ち着いている 

あとは「が」という漢字を組み合わせて画数がOKならば決定だ。

👀👀👀

楽!?
意味:こころよい、たのしい、たのしむ

まさに我が家の家訓のような漢字だ。

画数を調べると
(吉)「キーワードは独立、統率力、名誉。打たれ強く、目的を必ず達成できる人(犬)」

名前は
泰楽(たいが)
に決定✨

そして2017年11月12日、
やって来ました。
こいつが泰楽です。

IMG_7049.jpg

IMG_7099.jpg

P1070694.JPG


2017年8月22日生まれ。
そのときの体重は490g。
生まれたて.jpg

2017年11月12日時点の体重は、
7.6㎏。

これから何を食って、
どれだけ大きくなるのか。
そしてどんな冒険をさせられるのか?

楽しみながら書いて行こうと思う。

果たして兄貴よりも強い子になるのか!?
DSC00533.JPG
↑兄貴はいつもへっぴり腰でした。

目指せ40Kg &15歳!
posted by ZENTA at 19:31| Comment(0) | 選んだ理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●スポンサードリンク●